採用のコンサルティングの概要を簡潔にお伝えします

企業が人材を採用する場合には大学などを新規に卒業した者を一括で登用することもあれば、即戦力となる人材を中途で登用することもあります。人材の選考活動に費やすことができる企業の人的資源は限られており、円滑に行うためには外部の専門家の支援が必要です。企業が新規に人材を登用する場合と中途で登用する場合では、選考基準などにも違いが存在します。効率的に選考活動を進め、優秀な人材を得るためには経験とノウハウの蓄積が求められます。企業の選考活動をサポートする専門家はコンサルティングとアウトソーシングに分類できます。企業は選考活動を行うにあたって専門家にサポートを依頼するか選考活動自体を請け負ってもらうかを選択することで、効率的に優秀な人材を採用することが可能となります。

様々な人材の登用をサポートする

コンサルティングとアウトソーシングの役割は、企業が求める様々な人材の登用をサポートすることです。人材には新規に登用するものと中途で登用するものあります。さらにそれぞれ企業が事業を遂行する上でどのような人材を求めているかで選考基準に細かな違いが出てきます。一般的に日本企業の多くは毎年一括で新規の人材を採用します。一方海外では即戦力となる人材を中途で登用するのが一般です。外資系企業では即戦力を求める企業もあれば、日本の文化に合わせて新規で一括登用を行う場合もあります。人材を新規で登用する場合と、中途で登用する場合ではコンサルティングなど人材登用のサポートを行う専門家に求められるノウハウは違います。また登用される人材が特殊な能力を有していることが条件となるような場合などにも、専門的な選考のノウハウが必要です。

具体的にどのようなサポートを行うのか

企業が自ら行う人材採用をサポートする場合のサービス内容は大きく2つに分類できます。まず選考にあたって戦略や具体的な戦術を提案が行われます。この段階では選考戦略を策定し、求める人材像を定義します。そして実際のプロセスを企画し、選考基準や方法を決定することになります。コンサルティングが戦略と戦術を策定する段階では、メディア戦略や登用後の人材の育成と定着についても具体的な計画が行われます。選考に関する戦略が決定されると、実務に関するアドバイスがなされることになります。アドバイスの段階では会社説明会などイベントやインターンの企画の他に、面接官やリクルーターのトレーニングを行います。選考に関するアドバイスだけでなく、内定が決定した後のフォローも行われるのが一般的です。

企業や学校でセミナーを実施するなど幅広く活躍しています。 社員が学生と本気で向き合いキャリア支援いたします。 新卒採用の採用設計から、各種制作・運営、内定後の研修まで一貫してサポートします! 企業の集まる新橋エリア。田町駅・三田駅より徒歩5分!ぜひお気軽にお立ち寄りください。 新卒採用の採用設計から、各種制作・運営、内定後の研修まで一貫してサポートします! 採用コンサルティングお任せ下さい